ノンオペレーションチャージ(NOC)とは?

事故の際はレンタカー会社に対する営業補償料が必要

ノンオペレーションチャージのイメージ画像

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは?

せっかくの楽しい九州旅行。万一の事態に備えて知っておきたいのが「ノンオペレーションチャージ(NOC)制度」、別名「休業補償」だ。ノンオペレーションチャージとは、事故でレンタカーの修理や汚損による清掃が必要になったとき、その修繕期間中の営業補償として利用者がレンタカー会社に支払う金額のこと。

 注意しなければならないのは、ノンオペレーションチャージと車両保険や免責補償制度とは別だということ。たびらい九州ではすべてのプランで免責補償料が込みになっている。(免責補償制度について)

 車両保険か免責補償に加入していれば、対人事故や対物事故などを起こしたときの損害を補償することができる(免責金額や給付保険金を超える場合は利用者の負担)。ただし、車両保険および免責補償に加入している場合でも、レンタカー会社への営業補償としてノンオペレーションチャージは支払わなければならない。一般的な乗用車の場合、レンタカーが自走できないときは5万円、自走して予定の店舗に返却できる場合は2万円に設定されている。

 オリックスレンタカーでは、「レンタカー安心パック」(525円/24時間)に加入すると、ノンオペレーションチャージが免除され、万一トラブルが発生した場合、ロードサービスが無償で受けられるサービスがある。

2013年03月18日(月) 【投稿者】田辺英彦

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラムTOP このカテゴリの記事一覧