ハイブリッドカーって何?

ガソリンエンジンと電気モーターを搭載した車

ハイブリッドカーはガソリンエンジンとモーターを動力として使う

ハイブリッドカーはガソリンエンジンとモーターを動力として使う

エンジンとモーターなど、異なる二つ以上の動力源を持つ車のこと。Hybrid Vehicle(ハイブリッド・ビークル)の頭文字をとってHV、またはHEV(Hybrid Electric Vehicle)と表記される。世界初の量産ハイブリッドカーは、平成9年に発売されたトヨタ自動車の「プリウス」。

 エンジンとモーターを組み合わせて使うにはいくつかの方法があり、ひとつはエンジン動力で発電しバッテリーを充電、その電力を使ってモーターで車輪を駆動するシリーズ(直列)方式。もうひとつは、モーターとエンジンの二つの動力で車輪を駆動するパラレル(並列)方式。モーターを使ってバッテリーを充電するので、発電しながらのモーター走行はできない。

 トヨタのシステムは、双方の長所を融合した「シリーズ・パラレル・ハイブリッド」方式(スプリット方式)で、エンジンの動力を2分割し、一方は直接、車輪を駆動、もう一方は発電に使用して、モーターへの電力供給やバッテリーへの充電に使用する。発進から低速域まではモーターだけで走行し、中速域〜高速域でエンジンも始動するので、二つの動力の特製を生かせる。減速のためブレーキを踏んだときに発生する熱エネルギーを、電気エネルギーに変換するシステムを利用して、再び電力源として回収、蓄積している点も特徴だ。

 ホンダのハイブリッドカーは、機構がシンプルで軽量、コンパクトなパラレル方式を採用。エンジンによる走行が主体で、ガソリンを多く消費する発進、加速時にモーターがサポートする。

2013年03月26日(火) 【投稿者】田辺英彦

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラムTOP このカテゴリの記事一覧