レンタカーの場合どこで充電できるの? 九州編

充電スタンドは続々と整備中。主な観光地ならほぼ設置

高速道路ではこのマークが目印

高速道路ではこのマークが目印

充電スポットは、ショッピングセンターやコインパーキング、サービスエリア、コンビニエンスストア、日産自動車や三菱自動車を中心としたカーディーラーなど、年々充電スタンドの整備は進んできているが、都市部と地方では差もある。

 充電器には急速充電と普通充電があり、急速充電の場合、充電コネクターを差して約30分で、残量警告灯が点灯した状態から充電量80%まで充電できる。普通充電は100ボルトと200ボルトがあり、充電ケーブルを使って充電する。200ボルトは約8時間でフル充電できる。

 九州では福岡市内の充電スポットは急速、普通合わせて51か所(平成24年9月末の時点。公共施設及び補助制度利用の民間施設)だが、大分県内は急速充電器16か所(平成25年3月現在)、宮崎県内では急速充電器19か所(平成25年1月現在)の設置にとどまっている。ただ、大分の別府や湯布院、宮崎の日南海岸など主要な観光地には最低1か所は充電器が設置されているようだ。

 世界自然遺産に登録されている屋久島では、ほぼすべての電力が水力発電でまかなわれているが、「CO2フリーの島づくり」を目指し、急速充電器4か所、普通充電器が11か所設置されている。

2013年03月26日(火) 【投稿者】田辺英彦

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラムTOP このカテゴリの記事一覧