「九州ドライブ情報と注意点」関連記事

九州エリアをドライブする上での注意点をまとめました。知らない土地でのドライブは少し心配。 楽しい九州旅行にするためにも、ここで情報をチェックしてドライブにでかけましょう!

濃霧に出合ったら、焦らずゆっくり。場合によっては路肩で休憩

山道を通る場合は予想以上に時間が必要になることも。事前に地図

観光地と観光地の間の距離を確認

九州旅行の計画を立てるとき、地図で見ると観光スポット間は車ですぐという錯覚を起こす人がいるかもしれない。しかし、実際はかなり距離が離れていることが多い。事前に観光地間の距離や所用時間などをしっかりチ…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む

九州の高速道路事情

福岡県北九州市を起点に佐賀、熊本、宮崎県を経由して、鹿児島県鹿児島市まで、九州を縦断する九州自動車道。福岡県や熊本県、鹿児島県内の主要観光地を目指すときはもちろん、鳥栖JCTで長崎自動車と大分自動車…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む

雨の日の山道は交通量が少ないからとスピードの出し過ぎは禁物。

長く険しい山道はスリップに注意

1500メートル級の山々が連なる九州中央部の道路には、狭く険しい山道が多い。例えば、熊本県にある日本三大秘境のひとつ、五家荘を通る国道は、これが本当に国道〜」と思うような細い道が続く。しかも、新緑や…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む

日差しが強い九州のドライブでは、車内での水分補給や日よけ対策

ドライブ中の熱中症に注意

南国九州の夏は蒸し暑い。なかでも7、8月は、気温が35度を超える猛暑日が続く。9月に入っても残暑が厳しい。夏場のドライブは、同乗者が熱中症を起こすことが考えられるため、十分な水分補給要を心がけたい。…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む

路面に雪が積もっていたら、すぐに車を路肩に停め、タイヤチェー

南国九州でも山間部では冬の雪道に注意

温暖な気候の九州は冬場も雪が少ない。とはいえ、九州山地をはじめとする山間部では積雪する。例えば、真冬の黒川温泉へ訪れる場合、途中でチェーン規制になることもあるため、出発前に気温やチェーン規制状況など…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む

濃霧に出合ったら、焦らずゆっくり。場合によっては路肩で休憩

濃霧が突然発生したときの対処法は?

夜間に山間部を走行していると濃霧が発生し、突然数メートル先さえ見えなくなることがある。標高の高い大分自動車道は、霧発生により通行止めになることも多い。熊本市内から阿蘇の大観峰に向かう途中のミルクロー…

2013年03月16日(土) 【投稿者】歌岡泰宏

記事全文を読む